プチギフトの激安販売なら、結婚式プチギフト等を豊富に取り揃えるベリーピュアへ

プチギフトの激安販売なら、大人気の結婚式プチギフト等を豊富に取り揃えるベリーピュアへ

プチギフト・二次会ギフトのベリーピュア

2%ポイント還元
Yahoo!ブックマークに登録
プチギフト「ベリーピュア」HOME»  1.コラム(1ページ目)

1.コラム(1ページ目)

1.結婚式の二次会の景品やプチギフト選び。

結婚式では、招待客へお礼の気持ちをこめた贈り物として披露宴での引き出物がありますが、その他にも披露宴の退場の際に新郎新婦から招待客に一人一人手渡されるプチギフトや二次会でのゲームの景品などもあります。
プチギフトは、結婚式を終えて披露宴も終了し、最後に招待客が自宅に帰る前に一日のお礼を一人一人に述べる場で欠かせないアイテムであり、金額的には300円程度から1000円もしないようなちょっとしたアイテムが選ばれています。しかし、紙袋に入れて置かれている引き出物とは違った手渡しの大事な意味を持っています。

プチギフトに利用されているアイテムとしては、定番のものではお菓子類に人気があります。新婦の手作りによるクッキーなどが振る舞われることもありますが、既製品でも自分たちだけのオリジナル商品がたくさんあります。ガムやクッキーにはメッセージやイラストが食品用のインクで直接印刷されているものもあります。

また、縁起物として多く利用されているドラジェは、イタリアで生まれヨーロッパでは幸福や子宝に恵まれるという意味合いのあるアーモンド砂糖菓子です。他にも、アロマキャンドルや石鹸などの雑貨類もおしゃれなアイテムとして利用されています。親戚や会社の上司など年下の人が多いようであれば無難ながらハンカチやミニタオルなども重宝します。何枚あってもいいものであり、誰にでも好まれるアイテムです。プチギフトは、カゴに入れて新郎が持ち、新婦が手渡すというのが一般的です。カゴに入れても生えるアイテムとして、花束のような形をしたアイテムもあります。茎の部分が箸になっていて幸せのかけ渡しの意味があるアイテムや、中心のキャンディの周りに花びらがあしらわれたもの、また茎の部分が耳かきになっているものなどもらった時にもなんだろうと楽しめるグッズもあります。

結婚式が終わった後の二次会では、みんなが楽しんでもらえるようなゲームもよく行われるものです。ビンゴなどのゲームの景品では、会費によっても内容が変わってきますが、電化製品や商品券など高額な目玉商品を揃えるとともに、ちょっとしたギフトも用意しておくといいでしょう。多くの人に景品が行き渡るようにすれば、一人で参加をしてくれたという人も含めてみんなで楽しむことができます。景品の内容によっては二次会の盛り上がりも変わってくるものです。景品のバランスを見ながら探してみてはいかがでしょうか。
 

2.結婚式で定番のプチギフトの相場。

プチギフトは結婚式のお見送りの時にゲストに渡す小さなギフトの事です。以前は配る習慣はありませんでしたが最近は披露宴会場で席に引き出物を予め用意するようになりお見送りが寂しくなったという事で定番となりました。

結婚式の披露宴のお色直しや最後のお見送りの時にゲストに感謝の気持ちを込めて渡すものです。引き出物とは違いプチギフトは感謝の意味を込めて渡すものなので相場としては200円から500円位のものを用意します。

結婚式場で用意してもらう事もできますが自分で用意した方が割安です。持ち込み料がかからなければ自分で用意した方が種類豊富な中から安いギフトを選ぶ事ができます。インターネットを利用するとさらに安く購入する事ができます。

結婚式場の見積もりの中にはプチギフト代は含まれていません。ギフトを配るときにかごが必要になりますがレンタル料金がかかる事もありますから事前に式場に確認しておいた方がよいです。

プチギフトはゲストに喜んでもらえるようなものを選ぶのがよいです。オリジナルギフトが印象に残るものになります。
ギフトは既製品でも手作り品でも構いませんが結婚式は準備が大変で忙しいですから既製品にオリジナルラッピングで個性的なギフトにした方が無理もなく用意する事ができます。

定番のプチギフトはクッキーやドラジェです。お菓子の他に紅茶やジャムなどの食品、入浴剤やスプーンなどの生活雑貨品などがあります。

それぞれのギフトには意味が込められています。ドラジェやクッキーなどには幸福や繁栄の意味が込められています。スプーンには幸せをすくいとるなどの意味が込められています。最近は定番ギフトの他にガムなどにメッセージをいれたギフトなども人気があります。

ウエルカムボードと兼用できるプチギフトは1つで2つの役割があり人気が高いものです。会場の入口や受けつけに飾りゲストを迎える事ができます。カラフルで会場内を引き立てる事ができ、最後にお見送りの時にゲストに手渡しする事ができます。結婚式に華やかさを添える事ができ人気があります。

クッキーやドラジェは定番ギフトですが世代や性別にあわせていくつか用意しておくのも気配りが感じられてよいものです。もらってうれしいもの、喜ばれるような品を用意すると失敗することもありません。予算内で良い思い出になるような個性的なものを準備します。サンクスカードに感謝の気持ちを添えて一緒に渡すと印象に残るものになります。

3.格安には見えないプチギフトを結婚式までに準備する。

結婚式では、何かと費用がかさんでしまいますね、予算を無駄使いしないように節約できる部分を探し続ける姿勢を重視することが求められます。出費を少なくするための手段の一つに、激安のプチギフトを用意することが挙げられます。このときに大切なのは、高い基準を設定して安価に見えない品を吟味することです。これが不完全な状態であれば、結婚式に参加した人たちからの新郎新婦への評価が下がってしまうことになりかねません。プチギフト選びには、多くの時間を割く必要であるというわけです。

結婚式当日までにプチギフトのサンプル品を要求すると、参加者が抱くであろう感情を疑似体験することが可能になります。カタログで製品の写真を見たり詳細情報を閲覧しても、実物の触り心地を知っていなければ品質を把握したことにはなりません。製造業者によってはサンプル品を用意してもらえないことがありますが、そのような場合には素早く気持ちを切り替えて他の製品を探すことが効果的です。製品選びの原則は、新郎新婦が実物を触ってみることを何よりも重要視することです。

プチギフトが激安である理由を聞くことによって、結婚式で渡しても問題がないものであるか否かを判断することができます。安い製品には、それなりの理由が存在することが往々にして考えられます。それを製造者から聞き出しておかなければ、結婚式の参加者を満足させることが叶わない事態を引き起こしかねません。安いものを購入したのであれば何が起こっても仕方がないなどと考えることは、参加者に対して誠意を見せていないと言えます。ですから、製品の存在理由に納得する必要があります。

プチギフトの原材料を確認して、それを他のものと比較するように努めることも重要です。製品の善し悪しを判断するには、製造に関わる経験と知識が豊富でなければならないことが多くあります。製品の存在を初めて知った場合には、どのような判断基準で品質を見極めるべきかわかりかねます。しかし、悲観することはありません。安くても良い製品には、高価なものと同様の原材料が用いられていることが少なくありません。したがって、原材料について他の製品と比べると確実な答えが出やすいです。

結婚式で渡すプチギフトは、激安でも高い品質にこだわる必要があります。参加者に敬意を示すために、より良い製品であると感じてもらうことが大切だからです。製品選びを重視すれば、新郎新婦は気遣いができると評価されるようになります。では、何かと費用がかさんでしまう結婚式では、予算を無駄使いしないように節約できる
部分を探し続ける姿勢を重視することが求められます。出費を少なくするための手段の一つには、プチギフトにこだわりがなければ、激安のプチギフトを用意することをおすすめ致します。
 

4.人気のあるプチギフトがおすすめです。

結婚式場をさらに華やかにしてくれるプチギフトも人気がありますが、どんなものがおすすめなのでしょうか。誰にでも手に取りやすいという点では、お菓子類は本当にたくさんありますから選びやすさの点でも人気があります。それに、お菓子と言っても洋菓子や和菓子でもかなりの種類があります。定番ならクッキーやチョコレートなどですが、カラフルで形が可愛いものを選ぶだけではなくて、イラストや文字などのプリントをしてオリジナルのギフトとしてゲストに渡せるようなものもあるのです。

和菓子であればせんべいやあられ、可愛らしい小袋に入ったこんぺいとうなどもあります。そっと手に取って見てみるのも愛らしいものが多いので、プチギフトにもぴったりです。洋菓子なら、クッキーやチョコレート、ビスケットなどもありますが、マカロンやマシュマロなどもよく使われます。キャンデーも形がいろいろと作れますので、幸せの象徴としてクローバーも使いやすいです。華やかさであれば花の形を模したものも多いのですが、この時にはばらが美しく色も綺麗ですから使われる機会も多くなります。

他には、ジャムやハチミツなどの瓶入りのギフトなども見た目も綺麗なのでいいでしょう。明るい結婚式場の中の光を受けてきらきらと光るさまは、見ている側としてもとてもすがすがしい気持ちになるものです。お砂糖などもカラフルで可愛いものが多いので、プチギフトとしても最適なものと言えそうです。

たくさんのギフトの中から探すのも大変ですが、人気のものも数多くありますので、他の人からも評価が高いものを利用したりするのもいいでしょう。お迎え用の小さな手渡しのギフトとなるわけですが、だからと言って余りに適当なものにしてしまうのもよくありません。春夏秋冬の季節も考えるようにして選べば、さらに印象深いものになります。春なら桜や新緑などの植物の形のお菓子や小物などが人気がありますし、夏場なら涼やかな雰囲気の色合いのものや、品物としては小さなドリンクなども用意されたりします。冬や秋などだとそれぞれの季節に応じたカラーや雑貨類がよく使われたりしますので、自分たちの結婚式がいつ執り行われるのかという事もよく考えて探してみましょう。

プチギフトも当たり前に使われるので、迷った時は人気のあるものや、皆がこれまで使ってきた定番物なども利用してみましょう。その上で、名入れをしたりして自分たちらしいワンポイントを入れて、準備するのもおすすめです。
 

5.お洒落で人気のあるプチギフトを贈りたい。

お世話になっている方にちょっとした贈り物を渡したいと思っても、何を選んで良いか迷ってしまうという方は少なくないでしょう。自分が欲しいと思う物でも他人がもらって喜ぶとは限りません。自分のセンスや好みで選ぶことに自信が持てないと思ったら、人気のある品物を選ぶといいでしょう。

プチギフトを販売しているショッピングサイトを見ると、様々なジャンルのギフト商品が紹介されています。プチギフトですからあまり高価な品物ではなく、数百円から数千円程度で購入できる品物が数多く揃っています。もちろん値段の高い品物もあるので、お祝い等で贈る時には高価なギフト商品の中から選ぶと便利です。

プチギフトのジャンルは実に豊富で、ステーショナリーから日用品、ぬいぐるみ、お菓子類、生活雑貨等も販売しています。おしゃれな女性に贈る品物をお探しなら、アロマグッズやバスグッズがおすすめです。バスタイムに使用するおしゃれな石鹸やタオル、入浴剤等がセットになったプチギフトもあります。

ギフト選びに困った時は人気ランキングをチェックすると便利です。ランキングを見ると今一番売れている人気の品物が一目で分かります。デイリーランキングやウィークリーランキング、マンスリーランキングを全てチェックすれば、プチギフト選びがラクになるでしょう。

プチギフトの場合は一つの値段が数百円程度の物が多いため、個人で贈るだけでなくノベルティとして利用することも可能です。美容室やエステサロン、ネイルサロンといった女性向けのおしゃれなお店を経営している方は、常連のお客様に渡すギフトを用意したい時もありますね。百円台で用意できるギフト商品にはクッキーやキャンディー、入浴剤、石鹸、お箸等があります。

ギフト商品一個の値段が安くてもキレイにラッピングがされているため、受け取った方はきっと喜んでくれるはずです。ラッピングやリボンが結ばれた状態で紹介されているので、品物が選びやすいでしょう。小さなギフト商品は注文可能な個数が決まっていることが多いので、品物と一緒に個数も確認しましょう。

千円前後の品物には箱に入ったパウンドケーキやスイーツのセット、ペアカップ等があります。見た目が美しい品物が多いのでギフトやノベルティとして最適です。季節に合ったギフト商品も豊富に揃っています。クリスマスにシーズンに合ったリース型のギフトやサンタの絵柄が入ったラッピングが施されている物がおすすめです。

6.ブライダルで人気のプチギフトの価格は?。

最近のブライダルでは、最後のお見送りの時に感謝の気持ちを込めて、新郎、新婦から出席者へプチギフトを手渡すという光景が良くみられるようになりました。ブライダルでは、ひとりひとりの招待客と、時間をとって話すことは難しいものですが、出席していただいた人たちは、新郎、新婦にとって、とても大切な人ばかりです。そのような大切な人に、出席していただいたことに対して、ありがとうという気持ちを込めて、プチギフトを贈る人が増えているようです。

プチギフトに贈る商品の選び方ですが、最近では、ブライダルのプチギフト向けにラッピングされた少量のお菓子などが販売されているケースも多く、選ぶ側も、楽しみながら決めることもできるようになっています。プチギフトの価格としては、大体が数百円程度で済むようなものを選ぶ人が多いでしょう。なるべく、渡した相手に負担にならないような品物を選ぶことが大切です。

一般的には、チョコレートやクッキー、ブライダル用のお菓子などが良く見られるようですが、季節によっては、チョコレートは溶けてしまう可能性もありますし、クッキーなど、割れやすいものは、結婚式という場面では、特に慎重に選んだ方が好ましいともいえるでしょう。また、お菓子など、食べ物以外でも、ミニタオルなどの人気も高いようです。ミニタオルは、小さくラッピングすることも可能ですし、可愛く仕上がります。また、価格からみても、お手頃ですし、割れたり溶けたりといった、食品にありがちな心配をする必要もありません。

また、お箸などの、小さな小物を選ぶ人もいるようです。年配の方などには、和風の物の方が喜ばれるのではないか、などと気をつかう人もいるようですが、ブライダルには様々な年齢層で多くの人が出席するものですから、全ての人に適した品を選ぶことは、それほど簡単なことではないかもしれません。それよりも、新郎、新婦の感謝の気持ちを表すことが大切なのですから、きっと喜ばれるはずです。ただし、あまりにも高価なものになってしまっては、かえって受け取った相手に負担を感じさせることにもなってしまいますし、大きいものや重いものですと、ただでさえ荷物が多い披露宴の帰りなどには、さらに荷物を増やすことにもつながりますから、プチギフトを選ぶときには、あくまでも、小さい、ということを忘れずに、さり気ない商品を選ぶことが大切です。紅茶なども喜ばれるかもしれません。

7.ゲストに喜ばれるおすすめのプチギフト。

最近では結婚式の最後にゲストを見送りながらプチギフトを渡すという演出をする新郎新婦がとても多くなってきています。
感謝の気持ちを一人一人に伝えることができるというメリットもありますし、披露宴で会話が出来なかったという招待客とも簡単な会話を交わすことができるというメリットもあるのです。

プチギフトは招待客の客層を見て決める必要がありますので、万人受けするものというのがおすすめとなるのです。
最近では、結婚式場で用意してもらうのではなく、自分たちで手作りして持ち込むという人も増えてきていますが、焼き菓子などの食品などは、衛生上の関係で持ち込みが難しくなるという場合もありますので注意しておく必要があるのです。

プチギフトでおすすめとなっているのが、軽くて持ち帰りやすく、尚且つ万人受けするような物なのです。
紅茶やミニタオル、石鹸などは軽いので持ち帰りやすく、自宅で使用してもらえる確率が高いということからおすすめとなっています。
入浴剤なども持ち帰ってから使用してもらうことができますし、軽いので荷物にもならないという点から人気となっています。

こういったプチギフトはウェルカムボードとして置いておくことができる物が人気となっています。
小さいサイズですので、積み上げておくことで、ウェディングケーキのように見えたり、はめ込み式のボードに入れておくことでウェルカムボードとして受付に飾っておくということもできる商品が人気となっているのです。
しかも披露宴が終わったら招待客に渡してしまいますので、帰りの荷物を少なくできるというメリットもあるのです。

ウェルカムボードとして使用するという人は、写真を先に撮影しておかないと、帰りにはなくなってしまいますので、注意しておく必要があります。
こういった点さえ気を付けておけば、わざわざ別にウェルカムボードを作成するということもありませんので、その分の経費も削減することができるのです。

最近ではインターネットで注文して持ち込みにするという新郎新婦もとても多くなってきていますが、結婚式場によってはどんなものでも持ち込みが出来ないという場合もありますので、式場にしっかりと確認をしておくことをおすすめします。
インターネットなどで注文した方が安く購入することが出来るという場合もありますが、式場によっては持ち込み料が発生するという場合もありますので、こういった点も注意しておく必要があるのです。

8.ウエディングのプチギフトで定番となっているドラジェとは。

ウエディングのプチギフトは必ず用意しなければいけないというものではありませんが、結婚式に来ていただいたゲスト一人ひとりに感謝の気持ちを伝えるためのきっかけとして渡す方が多くなっているようです。また渡し方としてはウェルカムオブジェとしてあらかじめお席にセットされていたり、お色直しのあとに行うキャンドルサービスの代わりに渡したり、最後のお見送りの際に手渡しすることなどが一般的のようです。

そのウエディングのプチギフトとして定番となっているものに「ドラジェ」があります。これはアーモンドをチョコレートと砂糖ペーストでコーティングしたお菓子になり、フランス語で幸福の種という意味があり手にした人に幸福が訪れるという言い伝えがあります。またアーモンドは1つにたくさんの実をつけることから子孫繁栄のシンボルとされていますので、「幸福になり子宝に恵まれる」縁起がよいお菓子とされヨーロッパでは古くから結婚式などお祝いの際によく贈られています。

また甘くてほろ苦い味がするので結婚の誓約の中にある「順境の時も逆境の時も」という言葉から、新郎新婦のこれからの人生で良いことや悪いことが起こっても2人の心を合わせ助け合って乗り越えることも象徴していているそうです。そしてプチギフトにする際には5粒をまとめて包んでゲストに贈ることが大切になっています。なぜならこの5つの粒には「幸福・健康・富・子孫繁栄・長寿」の願いが込められており、その願いと想いをゲストと分かちあうという意味があるからです。

プチギフトに使うドラジェはホテルや式場に頼めば用意してもらえることもありますし、ケーキ屋さんやネットショップなどでも取り扱っていますので自分で購入して用意することも可能です。またウエディングらしい白一色のものから可愛いイメージになるパステルカラーを付けたものもありますから、自分で購入するなら好きな色を組み合わせて包むことができます。

またせっかくなら見ためでもゲストに喜んでもらいたいので、包装もウエディングらしいもの選んだほうがよいでしょう。包装に使うポピュラーなものとしては、網目模様をしていて中身が薄く透けて見えるチュールが使われています。ですが例えばウエディングらしくハートの模様が入ったチュールやチュールをシルバーのリボンで結んだもの、花嫁が結婚式で持つと縁起がよいとされているサムシングブルーのものを使うことなどで幸せを分かちあえたという気分になるかもしれません。
 

9.種類豊富なプチギフトのおすすめ品。

プチギフトは、種類が豊富なので個性的なオリジナルギフトを選ぶとよいでしょう。結婚式で配りやすい定番のおすすめギフトはクッキーやドラジェなどのお菓子です。手作りの品でも既製品でも構いません。オリジナルラッピングをすると個性的でセンスあるギフトになります。クッキーがプチギフトとして選ばれる理由は子供からお年寄りまで喜ばれるからです。披露宴から二次会までの間にお腹が空いた時など手軽に食べられるという事でも人気がありおすすめです。

プチギフトにはお菓子以外にもジャムやはちみつ、コーヒー、紅茶などの食品。タオルやハンカチ、スプーンなどの生活雑貨品。ペンやマグネットなどのステーショナリーなどがあります。

プチギフトには縁起の良い意味が込められています。クッキーやジャムには収穫や繁栄などの意味が込められています。スプーンには幸せをすくうという意味が込められています。扇子は末広がり、紅茶は幸せのお茶など結婚式にふさわしい縁起の良い意味が込められています。

プチギフトにサンクスカードを添えてゲストに渡すのもおすすめです。ゲストに感謝の気持ちが伝わり思い出に残るギフトになります。サンクスカードには新郎新婦の名前、新居の住所、挙式日、ゲストへのメッセージを添えて感謝の気持ちを表します。

サンクスカードに代わり手軽なオリジナルシールをギフトに貼るという方法もあります。シールのデザインもバリエーションが豊富なので好みのシールを選ぶ事ができます。

プチギフトはゲストの印象に残るようなもの、もらってうれしいギフトを用意するとよいでしょう。ギフトの予算をきめたらゲストが受けとった時にうれしいもの、相手の立場になって考えると失敗がありません。周りの方の意見も参考にして決めるとよいです。

ギフトは食べてなくなるものや使ったらなくなるものなどがおすすめです。新郎新婦の写真入りなどは捨てる事もできずに後で困るギフトです。お菓子や入浴剤などが後に残らずギフトとして適しています。

季節や気候にあわせて選ぶのもおすすめです。暑い季節にはタオルやハンカチなど、寒い季節には入浴剤やエコカイロなどが気配りがありうれしいものです。

出身地にあわせて郷土の名産品なども印象が残るギフト・性別や世代に合わせていくつか種類を用意するのもよいです。
 

10.プチギフト高品質で選べるおすすめ商品。

贈り物の数を用意したり、一つ当たりのコストを下げたい場合は、プチギフトの選択がおすすめです。
しかしながら高品質のプチギフトを、小さい贈り物ですが、気持ちを込めてプレゼント可能ですから、相手の気持ちに届ける事が出来るでしょう。
内容の選択は、高品質な物がおすすめで、大きさやサイズが制限されるプチギフトでも、中身の充実は欠かせないおすすめポイントです。
高品質な事と共に、選択肢の充実はプチギフトの選び方を豊かにしますから、商品点数の数が多い点もおすすめになります。

食べ物はギフトの定番で、お菓子はおすすめの商品ですが、高品質なポイントを忘れてはいけません。
チョコレートは、質が低いと溶けてしまいますし、溶けた後に冷やしても元には戻らないです。
質が優れていても、熱に弱い欠点は変わりませんが、形が変わっても味が落ちない点は優れます。
味の深さや、飽きない魅力はプチギフトの質で得られますから、お菓子を選ぶ時は質に注目して選びましょう。

演出の配慮が効いている事や、気配りが行き届いているサービスは、おすすめの中でも、特に選びがいがある選択肢といえます。
箸やスプーンといった小物は、日常で使う道具ですが、質で商品を選べると、十分贈り物に値する品が用意出来ます。
中身が剥き出しのままでは、プレゼントとして機能しませんが、包を用意するだけで違いますし、気配りを効かせる配慮が贈り物の質を向上させます。
包み紙の選択、メッセージカードの付加価値といった点は、相手の気持ちを尊重しますし、贈り主の配慮が伝わる嬉しいサービスです。

価格の幅が広い事、これは選択自由度を高める利点ですし、低予算でも選べる楽しみがありますから、悩みながら相手に伝わる品を選ぶと良いでしょう。
高額な商品も勿論選べますから、この辺は予算に応じて選択を行い、無理の無いギフトを実現する方法が相手を楽しませます。
プレゼントは、金額だけで決まるものではありませんから、予算と相手の気持ちは切り離して考え、何を贈りたいかを優先しましょう。
この様に選べば、低価格な商品でも立派なプレゼントですし、様々な機会に活用する事が十分に行えます。

低学年の子供は、大切な人にギフトを用意したくても、お小遣いと予算が限られますから、選べる数が限られる傾向はあります。
しかし、プチギフトが悩みを解消して、選択のニーズに応えますから、選ぶ楽しみが失われず、大人も童心に戻って純粋に悩む楽しみが得られるでしょう。