プチギフトの激安販売なら、結婚式プチギフト等を豊富に取り揃えるベリーピュアへ

プチギフトの激安販売なら、大人気の結婚式プチギフト等を豊富に取り揃えるベリーピュアへ

プチギフト・二次会ギフトのベリーピュア

2%ポイント還元
Yahoo!ブックマークに登録
プチギフト「ベリーピュア」HOME»  3.コラム(3ページ目)

3.コラム(3ページ目)

21.結婚式で利用したい縁起物のプチギフト。

プチギフトは、どんな品物を用意すればいいのだろうと迷う新郎新婦もやはり多いものです。サイズも小さい手渡しできるアイテムとなりますので、価格自体はそれほど高くありませんからその点ではほっとしながら探せるものの、小さいものであっても喜んでもらいたいと思うのは当然です。

いろんなプチギフトを取り扱うショップがありますが、縁起物なども用意してくれているところもあります。若い世代だとあまりイメージも湧かずにぴんと来ないかもしれませんが、商品を見てみると確かに良く見かけると思って納得できるのではないでしょうか。例えば、鯛の形を模した小さなキャンディもありますし、たい焼きそのものを取り扱っているようなショップもあるので、見ていると段々と楽しくなってくること請け合いです。

プチギフトに関しては形に残るものを用意することもあれば、お菓子やちょっとした食材などで消え物で用意されることも多いです。結婚式ではいろんなギフトが飛び交うものですが、これらの小さなギフトもお菓子類などの方が渡しやすく喜ばれやすいです。色が紅白になっているような綺麗なお菓子や麺類なども見かけますし、パッケージに招き猫などを使っていたりするなど随所に工夫が見られるものを選んでみましょう。古くから鰹節なども縁起がよいとしておめでたい席では使われていますから、小さなギフトにもぴったりなのでどうしようか迷ったのであれば探してみるのも良さそうです。

他にも亀やウサギなど、縁起が良いとされるものは本当に多いです。和三盆なども良いと言われるので、砂糖そのものや材料に使われているものなどを利用してみるのも良いでしょう。金平糖なども良く使われるのですが、これもまた良い意味を持ちますので自分なりに縁起が良いものを探してから、それに合わせてギフト選びをしていくと自分たちの結婚式にあったギフト探しができるでしょう。

プチギフトだから相手に渡せればいいかなと思って簡単に選ぶのも良いのですが、自己満足になったとしても新郎新婦で縁起物を持ち帰ってもらおうと思って探せば小さなギフトでも来てくれたゲストの方々にその気持ちはきっと伝わることでしょう。たくさんの品物がある分どうしたらいいのか迷うこともありますが、おめでたいお祝いに使えるものをじっくりと探して準備していきましょう。

22.二次会や祝電を頂いた人にも最適なプチギフト。

プチギフトは、結婚式で新郎新婦から渡される小さな贈り物の事をさしています。結婚式と披露宴の最中には遠方からも来てもらったたくさんの招待客にお礼を述べる時間はほとんどないものですが、全てが終了して最後に一人一人にお礼を述べる場としてのプチギフトはちょっとした小さなアイテムであっても大きな役割を果たしています。

このプチギフトは、披露宴終了時に利用されるだけではなくさまざまなシーンでも活用されています。披露宴では両家の招待客の人数のバランスや会場の収容人数などからも呼びたかった人が招待できなかったということもあります。披露宴の後に行われる二次会から参加してもらうという友人や知人にも、お礼の品を渡したいという時に役立つアイテムです。二次会では会費制などあまり予算の負担を与えずに行われることも多いものですが、プチギフトなら相手にも気を使わせない贈り物です。

二次会で利用する場合、披露宴にも参加してくれた人も来ていることから披露宴で使用したものとは別の物を用意してだぶらないようにします。内容も、食べ物や雑貨類などジャンルを分けると披露宴から参加した人にもうれしいギフトになります。また、二次会ではビンゴやゲームなどのお楽しみイベントも多く行われています。上位に入れば豪華な景品が用意されていますが、残念ながらもらえなかったという人にゲーム参加賞としてのお土産に活用するという方法もあります。

プチギフトは、150円程度のちょっとしたものから1000円もしないような予算的にはそれほど高くないアイテムが多く利用されています。中身は少なくても、かわいらしい見栄えのするラッピングがされているので見劣りしません。どんなものでもお祝いの場でいただいたものは誰しもうれしいものであり、予算ではなく気持ちを込めて贈ることが大切です。披露宴では祝電だけを頂いたという知人の人にも、お礼の言葉だけでなくほんの気持ちとして贈るのもいいでしょう。

プチギフトには、さまざまな商品が利用されています。クッキーやドラジェ、キャンディやミントタブレットなどある程度日持ちがするお菓子類であったり、入浴剤やアロマキャンドルのような雑貨類も人気があります。また、持っていると役立つアイデアグッズなどの珍しい商品も販売されているので、二人らしい個性あふれる商品を選んでみてはいかがでしょうか。

23.男性メインの二次会のプチギフトに向いているアイテム。

二次会を開いた時に用意するアイテムにプチギフトがありますが、一体何をあげたら良いのか悩んでしまう人もいるでしょう。
変に凝り過ぎると浮いてしまうかもしれないと考えたり、地味すぎると場の空気が冷めてしまうと考えるなど、色々なことを考えていると、一体何を用意すれば良いのか、わからなくなってきてしまうこともあるでしょう。
そういったことがないようにするには、ポイントを絞ったプチギフト選びをすることが大切と言えます。

二次会のプチギフト選びのポイントとして有効なのは、性別を意識したアイテム選びです。例えば、二次会に参加する人が女性メインの場合であれば、かわいいパッケージのお菓子を用意したり、かわいい形や色をしたバスグッズを用意するなど、色々と選択肢があります。
一方、男性が多い二次会の場合であれば、それはそれで色々な商品選びの仕方ができるものです。

例えば、扇子と言うのはなかなか優れたアイテムです。暑さをしのぐのに使えて便利なだけでなく、素敵なデザインを楽しむことができる、と言った良さもあります。また、そう大きくなくて軽いですから、プチギフトにもらった時にも抵抗感がありません。
ちなみに、うちわだと安っぽさがありますが、似たアイテムの扇子だとそれがないのが良いところです。しかも、かなり安い扇子もありますから、費用対効果に優れていると言えるでしょう。

なお、扇子のように便利なアイテムは、冬の寒い時期よりも夏場に用意した方がしっくりとくるものです。季節を無視した商品選びをすると、適当に選んでいると思われかねませんから、そのへんは注意しておきたいところです。

ちなみに、男性に渡しても違和感がなく、季節に関係なく対応させることができる便利なプチギフトと言えば、飲み物です。例えば、紅茶のティーバックであれば、冬はホットで、夏はアイスにして飲むことができますから、1年の中でいつもらっても嬉しいアイテムです。

また、食事と一緒に飲むことも、単体で飲むこともできますし、幅広い年齢層に対応できるのも便利なところです。
そして、小さくて軽いですから、持って帰る時に邪魔にならないと言う良さまであります。また、割れ物ではありませんから、持って帰る時に神経を使うこともありません。プチギフトとして、とても優れた特長がある商品だと言えるでしょう。

ちなみに、ティーバックの商品には、ティースプーンが付いているタイプもあります。ティーバックだけだとちょっと寂しい、と思うようであれば、そういった一工夫をしてみるのも一つの方法です。
 

24.内祝いとしても人気のプチギフト。

披露宴では内祝いとして引き出物が用意されていますが、プチギフトは引き出物とはまた別に用意するものです。結婚式や披露宴の日は一日スケジュールがいっぱいなので来てもらった人にお礼を述べる場がありませんが、最後に一人一人手渡しすることで立ち止まってもらえるので一言でもお礼を述べることができるという重要な役割を持っているアイテムです。

プチギフトにはさまざまなものが利用されていますが、どれも予算的には1000円もしないようなちょっとしたものです。引き出物のような記念に残るものが選ばれるとは限らないものであり、菓子類など食べればすぐになくなってしまうようなものも利用されています。しかし、二人から手渡しされることからアイテム選びには手を抜くわけにもいきません。

人気があるアイテムには、お祝いの場でもあることから縁起物があります。めでたいにかけた鯛や幸せを招き入れる招きねこなどがイラストとして入れられているものであったり、幸せの橋渡しの意味を持つ箸、末広がりの幸せから開いた時に扇状になる扇子などもよく利用されています。

他にも、幸福や子宝を意味しているドラジェ、製作する時に非常に時間がかかることから夫婦で時間をかけて家庭を築いていくという意味のある金平糖などの菓子類も人気があります。食べ物であれば、披露宴が終了して二次会までの空き時間に小腹が減ったという時にも役立ちます。

プチギフトは、披露宴に参加してくれた人には渡すことができますが、二次会から参加してくれた友達にも二次会用として用意しておくと喜ばれるでしょう。その場合には、披露宴にも出席してくれた人も来ていることからアイテム選びは被らないようにします。

結婚のお祝いとしていただいた時の内祝いは半分の金額の商品を贈るという半返しが行われており、披露宴で祝電だけをいただいたという場合にはお礼の手紙や電話で済ませるというのが一般的ですが、プチギフトなら相手にも気を使わせないで気持ちを伝えることができるという人気のアイテムです。

プチギフトは、ブライダルのシーンだけではなくちょっとしたお礼をしたい時にも相手に気を使わせずに喜んでもらえるアイテムとしても利用されています。引越しの挨拶であったり、大勢集まる場で参加してくれたお礼の気持ちとしても役立ちます。

25.人気のプチギフトとその平均価格について。

結婚式のプチギフトで、手作りのお菓子やおしゃれ小物など、新郎新婦のセンスの見せ所でもあります。一般的にプチギフトの平均価格は大体三百円から四百円程度が多いです。

贈るものとしては、プチギフトで定番であり最も人気の高い商品はドラジェになります。このドラジェには幸せのおすそ分けという意味もあり幸福、健康、富、子孫繁栄、長寿を意味する五粒を包んで贈るのが一般的です。ただ、とても定番のものになるので贈られた側としてはあまり目新しさはないかもしれませんが、結婚式らしいギフトといえます。
また、遠距離恋愛を経て結婚したという新郎新婦に人気の商品は、二人の出身地にちなんだギフトです。これは、とてもゲストの印象にも残り良いですし、親族の人達も慣れ親しんだ地元の美味しい物をもらえるととても嬉しいです。
次に、意外と人気が高いものは売り物ではなく、手作りの物です。料理が得意な人はクッキーなどの焼き菓子、お裁縫が得意な人はコースターを作ってプレゼントすると世界に一つしかない品物で皆喜びます。また、手作りまではできなくともラッピング程度であれば自分達で行うという人も多くいます。しかし、この手作りというのは手間がかかりますので、招待人数分必要なので、百人いれば百組作る必要が出てきてしまいます。結婚式直前は一番忙しい時期になりますので、手作りの物を贈るのであれば、無理のない範囲にします。

このように、食べ物を選ぶ人が多くいますが、最近ではギフトをウェルカムボードとしても使う人が増えてきているので、必ず試食をするようにしてください。見た目のみで判断すると実はあまり美味しくなかった、なんてことも少なくありませんので、皆の口に合うような物を選んでください。
また、少し奮発してギフトを贈ろうと思っている人は、パッケージが可愛らしいデザインのティーパックやイチゴケーキのハンドタオル、小瓶に入ったバスソルトなどを選んでいる人が多いです。人と少し差をつけたかったり、センスを見せたい時には食べ物系ではなくて、こうした小物などを選ぶと食べてすぐになくなってしまうわけでもないので、おしゃれな物をいつまでもゲストに使ってもらえるという利点もあります。ただ、この場合は予算が少し増えてしまいますので、事前に新郎新婦でどこまで出せるのかを話し合って納得して決める必要があります。
 

26.ウェディングで人気のプチギフトをスマートに選ぶ。

披露宴や二次会の帰りに、新郎新婦から手渡される「プチギフト」。その種類は様々ですが、そこに二人のちょっとした個性やこだわりが見えると、ゲストにも印象深く披露宴を終えた後も記憶に残る一品になります。今回は幾つかの例をご紹介しながら、スマートなプチギフト選びを提案します。

プチギフトの中でも人気が高く、スタンダードな品というと、やはり焼き菓子やチョコレートなどといったお菓子の類でしょう。
披露宴会場でプチギフトまで選べるサービスが付いているところも多いのですが、クッキーやラムネ、チョコレートなどのお菓子はちょっとしたお返しに最適です。中には二人の名前や日付を入れるサービスもあるので、その日出席した記念になりますし、パッケージを積み上げて予め会場に用意しておくと、ディスプレイの一部としても活用でき、一石二鳥ですね。

また、ウェディングのテーマに沿ったものを渡して、披露宴をトータルコーディネートしてみるのも面白いかも知れません。
例えば、南米のイメージが好きで装花やお料理をアレンジしたなら、プチギフトはサボテンにしてみるなど。トゲが危なかったり、持ち帰りにいくいという場合には、最近流行している多肉植物なども良いかもしれません。持ち帰ってからの手入れも簡単ですし、披露宴を終えた後も、ゲストが二人のことを思い出してくれる良い材料になることでしょう。

その他にも、飲みすぎたゲストを労わる二日酔い防止のドリンク栄養剤を渡すなど、ユニークなギフトを選べば、自分たちの個性を出すことができます。披露宴が派手な体育会系ウェディングを予定しているカップルにはもってこいの一品ですね。受け取る側にも印象深く、その場で飲んでしまえば帰りの邪魔にもなりませんので、遠方からのゲストにもおすすめです。

バスボムやせっけんなどの定番の品もウェディングテーマに沿った色に統一してみたり、色や種類が多様な分、工夫ができる品です。装花やテーブルウェアに併せてコーディネートすると、全体の統一感がでるので、おしゃれ感がより一層高まりますし、貰い手に帰って疲れた身体を癒して欲しい、という気遣いを示すことできます。

受け取った相手にとって、邪魔にならず、かつ面白く印象深いものを選ぶことが、スマートなプチギフト選びの秘訣です。一生に一度の結婚式、ワンランク上の披露宴を目指し、ゲストにより一層満足して帰っていただける披露宴を実現させましょう。

27.ウェディングにおすすめのプチギフトについて。

最近の結婚式では、招待客が変える際にプチギフトを一人一人に手渡しするということが流行しています。
披露宴の間は一人一人にお礼を伝えることが難しいということがありますので、こういったプチギフトを手渡しすることによって、きちんと顔を見てお礼を言うことができるというメリットもあるのです。

最近では、授かり婚が増えているということや、近しい親族や親しい友人のみを招待した、アットホームな会費制のウェディングパーティー形式にしているという新郎新婦も多くなってきていますので、こういったプチギフトがますます人気となっているということもあるのです。

こういったウェディングにおすすめのプチギフトは、クッキーなどの日持ちする焼き菓子の他、ミニタオルや入浴剤などです。
持ち帰りやすいように軽いもので、荷物にならないような物を選ぶことをおすすめします。
新郎新婦が地方出身者という場合、地元の名物を使用している焼き菓子などを贈ると喜ばれることが多いのです。

最近では、ウェルカムボードの代わりとして飾っておくことができるタイプがとても人気となっています。
招待客の退場の際に渡してしまうことで、帰りに荷物になってしまうということがありませんので、荷物を減らすことができますし、ウェルカムボードを別で作成しなくてはならないということもなくなるというメリットがあるのです。

ウェディングパーティー形式で結婚式を行うという場合も、ホテルなどの大きな会場で結婚式を挙げるという場合でも、プチギフトを持ち込む場合、食品は持ち込み不可という場合がありますので、会場にしっかりと確認をしておくことをおすすめします。
火を通していたとしても、食中毒の危険性があるということもありますので、食品の持ち込みは出来ないということがあるのです。
自分たちで手配するという場合は会場にしっかりと確認を取ることが大切なのです。

結婚式場を通して頼むことで、値段が跳ね上がってしまうというケースが多いので、自分たちで手配した方がリーズナブルに済ませることができるというメリットもありますし、様々な会社を検討することもできますし、自分が贈りたいと思っているギフトの種類なども多くの選択肢の中から選ぶことが出来るというメリットもあるのです。

招待客の年齢層や性別などをリサーチしながらプチギフトを選ぶことによって、喜んでもらうことができる確率もアップするということから、事前のリサーチはしっかりとしておくことが重要なのです。
 

28.二次会のプチギフトに最適なお菓子の種類。

二次会の際にあると便利なアイテムと言えばプチギフトです。プチ、ですからそう高い物ではなく、変に気を遣うことがなく、気軽に受け取ることができますし、小さくて軽いですから、持って帰る時にも楽です。また、アイテムの大きさが小さいことと、かわいいパッケージにより、和やかな気分にさせてくれると言う良さもあり、なかなか優れたアイテムでもあります。二次会でその集まりにマッチした雰囲気の良い気の利いたプチギフトを用意できると、イベントも盛り上がることでしょう。

なお、二次会のプチギフトに最適なアイテムと言えば、食べ物です。プチギフトには、箸や耳かきなどのアイテムもありますが、デザインに好みがあるものです。こういった実用的なアイテムと言うのは、デザイン重視で買う人もいますから、そのへんのバランスが問題点として浮上します。
食べ物も好みはありますが、変に残ることがありませんから、後で場所をとるようなことがありません。

なお、お菓子と言っても色々なタイプが存在します。数があり過ぎて選ぶのが大変だと言う人もいるでしょうが、どういった意識でプチギフトを渡したいかを考えると、すんなりと決められることもあります。

例えば、とにかく感謝の気持ちを伝えたい、と言う人に最適なのが、メッセージ付きのタイプです。これは、落ち着きと温かみのある字体で「ありがとうございます」とメッセージが入っている商品です。
中身は、クッキーやこんぺいとう、キャンディーなど種類がありますから、参加者の年齢層などを意識して選ぶようにすると良いでしょう。

感謝の気持ちを文章で伝えづらいと言う人の場合には、お菓子の形にこだわると言うのが一つの手です。
例えば、ハートの形のクッキーと言うのがあります。女性が多く集まるようなイベントの時には、丁度良いギフトだと言えるでしょう。

また、お菓子が入っているパッケージのデザインにこだわると言うのも一つの着眼点です。
例えば、俵の形をした箱の中に、手まりを模した小さくてかわいらしいキャンディーが入っている商品があります。これだと、もらった時に珍しさがあって面白いですし、開けた時にはかわいらしさがあって嬉しいものです。このように、一つの商品で異なる種類の楽しさが入っているような商品を選ぶと言うのも一つのポイントです。

このように、プチギフトの中のお菓子だけをとってみても、かなり色々な種類がありますから、客層や自分の伝えたいメッセージ、予算などとのバランスを考えて選ぶようにすると良いでしょう。
 

29.二次会のプチギフト選びで大切なポイント。

二次会など、さまざまなイベントでよく行われるものと言えばゲームですが、その時に欠かせない物と言えば景品です。
その際には、色々と豪華な物をそろえることもあるでしょうが、豪華な物ばかりではなく、普通のランクの物もあった方がメリハリが出て二次会が盛り上がるものです。また、参加賞として使えるプチギフトを用意することも、二次会を盛り上げることにつながる大事な要素です。

ちなみに、プチギフトにどういった物を用意すれば良いのかで悩む人もいるでしょうが、プチギフトと言うのはかなりの種類があります。ですから、自分なりにポイントさえ絞ってしまえば、かなり楽にそろえることができるようになるものです。

例えば、定番の商品と言えばお菓子です。お菓子は性別や年齢を問わず、大勢の方が喜べる便利なアイテムです。もし自分の好みと合わないお菓子をもらったとしても、家族で好きな人がいれば食べてもらえますから、無駄になることがありません。
また、お菓子は見た目の華やかさがあります。お菓子自体の魅力もさることながら、かわいいパッケージとの相性も良いアイテムですから、イベントの雰囲気に上手く適応させることができることもあるでしょう。

なお、お菓子のプチギフトには具体的にどういった物があるのかですが、例えば、味の異なるバウムクーヘンが1つずつ入っているシンプルな商品があります。これであれば、かなり安い値段で買えますから、使い勝手が良いです。かわいいパッケージに入っていますから、安っぽさよりもかわいらしさが目立つのも嬉しいところです。

また、かわいらしさで見逃せないのは、スプーン付きのお菓子です。これは、ミニスプーンの先端にチョコレートが付いていて、絵の所にはリボンが付いている商品です。
お菓子としてはかなり寂しい量になりますが、これをミニスプーンと言うかいらしいアイテムがカバーして、リボンが程良いアクセントとなっているため、寂しいどころかオシャレなぐらいです。ちょっとした工夫ですが、よくできたアイデア商品と言えるでしょう。

なお、お菓子のパッケージには、袋の口がリボンでしばられているタイプの物もありますが、クッキーのように衝撃に弱いお菓子の場合には、箱にリボンが付けられたタイプがあったりします。こういった細かな配慮と言うのは、おもてなしの精神の現れにもなって、役に立つものです。

ちなみに、お菓子のプチギフトと言うのは、1個あたり200円ぐらいでかわいい物がたくさんありますので、手が出やすくてありがたいものです。

30.結婚式に最適びっくりおすすめプチギフト。

結婚式でゲストにお渡しする“プチギフトは、「ありがとう」の気持ちを込めて、とびっきり良い物を選びたいですよね、クッキーや小さめのケーキなどの焼き菓子が一般的ですが、実は【ちょっと変わったプチギフト】に注目が集まっています。

まず初めに紹介したい物が、“ミニサボテン”。
北欧スタイルが大流行し、それは部屋を演出するインテリアとしても人気が高く、現在も多く方に愛されています。
カジュアル重視な空間で“最も色を出す存在”、それは緑である植物。
緑は気持ちをリラックスさせる効果があり、植物は空気を綺麗にしてくれます。
その中でも、枯れ難く、手間の取らない“サボテン”が男女共に人気で、おしゃれなインテリアとして飾る方が増えています。
カジュアルな結婚式を考えている方は是非、小さなサボテンにメッセージカードを添えて、ゲストをお招きしてみてはいかがでしょうか?

次におすすめなのが、“実用的なプチギフト”。
お菓子やケーキは甘い物が好きな相手には喜ばれますが、そうでない方(特に独り身の方)には、逆効果となりかねません。
どうせ用意するのであれば、全ての方に喜んでもらいたいもの。
そんな時に最適なのが、“洗剤プチギフト”です!
量としては1回から多くても3回程度の物がほとんどですが、「もらって損な物」ではけしてありません。
ギフトのパッケージに新郎新婦の写真を飾る事の出来る、なんともユニークな商品もあるので一度検索してみると良いかもしれません。
そして、もう一つ実用的なギフトとしておすすめなのが、“スクラッチの宝くじ”。
今後のお楽しみがあり、なんといっても“現金”が手に入るチャンスなので、とても喜ばれます。
ですが、“きっちりとした結婚式”である場合、品の無いプチギフトと評価されかねませんので、注意が必要。
気軽に楽しめる自由形な結婚式をお望みの方には、おすすめです。
「ゲストの好みが分からない!」「色んな物がありすぎて迷う・・・。」そんな時は、“実用的”な商品を探してみると良いですよ。

結婚式の雰囲気、ゲストの好み、商品自体のデザインなど、重視する部分は人それぞれですが、あげる側として共通するのが、「喜んでもらいたい」という温かな気持ちではないでしょうか?
納得のいく良いプチギフトを見つけ、それに「ありがとう」の気持ちをしっかり込めれば、きっとゲストにも伝わるはずです。
あなたの結婚式が世界一素晴らしいものになりますように。