プチギフトの激安販売なら、結婚式プチギフト等を豊富に取り揃えるベリーピュアへ

プチギフトの激安販売なら、大人気の結婚式プチギフト等を豊富に取り揃えるベリーピュアへ

プチギフト・二次会ギフトのベリーピュア

2%ポイント還元
Yahoo!ブックマークに登録
プチギフト「ベリーピュア」HOME»  7.コラム(7ページ目)

7.コラム(7ページ目)

61.プチギフトのお求めは販売商品の多いベリーピュアで。

結婚式の引き出物でプチギフトを探している、そんな方は多いはずです。祝いに来てくれた人に渡す大切な品であり、さらには思い出に残るもの、楽しめたり喜ばれたりするものが良く、センスが問われるものとなります。それゆえ簡単なようで突き詰めていくとなかなかに難しくなってしまい、どういったものにしたらいいのか迷ってしまう、そういったことも出てきて悩みの種となってしまう場合があります。

結婚式で使う場合、招待客の人数にもよりますが、引き出物としてプチギフトを用意するならやはりある程度の人数となって、まとまった個数が必要となってきます。そうなると単純に好みだけではなく、予算との兼ね合いもあって、どんなことでもそうなるのですが、希望と予算というのは必ずしもイコールで結ばれることはなく、かなり面倒なものとなります。それゆえ大事なのはどんなものを選ぶのかもそうですが、販売店を見つけることも重要さを増すのです。

そういった時におすすめとなるのが「ベリーピュア」で、こちらは結婚式で喜ばれるプチギフトを中心に、多数の商品を販売しているので役立ってくれるはずです。まずは販売アイテムの多さがあげられて、引き出物として基本となるタオルや食器、チョコレートやジャムや蜂蜜といった定番品から、生活雑貨や和風の小物まであらゆるものが揃っていますので、漠然と見当をつけている方も、まだ何にしたらいいのか分からない人にも、見てもらえば参考になること間違いなしです。

またリーズナブルな価格設定になっているのもポイントが高く、良い品を見付けても値段が高すぎて、予算オーバーになって諦めなければいけない、そんなことは多いはずです。ベリーピュアは価格での検索もできますから、予算内で求めるものを見つけることができるのです。さらにラッピングにもこだわりがあって、通常のタイプだけではなく、ハロウィンやクリスマスなどのイベントがある時は、それに似合ったラッピングにすることもできるので、さりげなく季節感を取り入れることもできるのです。

結婚式の引き出物は後から眺めて思い出をよみがえらせる大切なアイテムで、中身もそうですが、ラッピングにも拘りたいものです。そういった時に役立つのがベリーピュアで、気になる、興味が出てきたという人は、まずはホームページをチェックしてみてください。きっと素敵な品が見つかるはずなので、悩んでいるなら見ることをおすすめします。

62.結婚式のオリジナルプチギフトについて。

結婚式の最後に渡すプチギフト。同年代だけでなく未成年者から高齢者まで幅広い年齢層が相手なので皆が喜ぶものを選ぶ必要があります。ただ、プチギフトはプチとはいえ参加者全員に渡すとなると高額となってしまいます。予算面では頑張り過ぎないようにしましょう。
少額の予算の中でもみんなに喜んでもらえるには実用性があったり食べ物でおいしく食べられるものであったりを選ぶと印象良くなります。オリジナルのプチギフトを自作すれば更によい印象となります。もちろん結婚式全体の準備で忙しい時期なので、そこも頑張り過ぎないようにすることが大切です。既製品を新郎新婦自ら梱包するだけでもよいのです。記念品としての意味もあるのでメッセージカードを添えるなどすると品物自体は安いものであっても充分によいものができあがります。

昔からの慣習というわけではなく、最近になって始まった演出ですが、ネットなどで調べればプチギフト用商品も多数販売されています。
画像を使ってオリジナルチロルチョコが作れるサービスもあります。画像や文字を入れられるサービスはデコじゃがりこなどその他にも取り扱っている業者は多数あります。かわいらしいハートクッキーや中身はただの飴やクッキーでもラッピングに凝ったものなどさまざまです。自分たちのイメージや結婚式の雰囲気に合わせて選ぶようにしましょう。遠距離恋愛の末に結婚したというカップルであればそれぞれのご当地にちなんだものを入れれば印象に残るものとなりますし、それぞれの出身者たちが会場には多数いるので地元の美味しいものを選んでもらえるのは喜ばれることです。料理が得意な人は焼き菓子を、ハンドメイドが得意な人はコースター、など得意分野があれば手作りの品もオリジナルでぬくもりも感じられる品となります。

もちろん、第一に考えるのはきてくれた参加者たちが皆、食べられる使えるものかどうかです。お菓子を選んだ場合、自分たちでも事前に試食をして見た目だけでなく味も確かめておきましょう。いくらハンドメイドが好きとはいえそのレベルが低ければ相手側も始末に困ります。

調べによると、予算は300円以下というカップルが多いプチギフト、新郎新婦自らが見送りの際に配るものなので、出席者にありがとうございますの気持ちが伝わる品となるようしましょう。時間がなくてという人は定番のドラジェもおしゃれにラッピングされたものがいくつもあります。幸せをおすそわけという意味のある品です。

63.種類の豊富なプチギフト、どうやって決めるの。

結婚式の披露宴や二次会パーティで、ゲストをお見送りする際にプチギフトを手渡しするというのは、最近の定番ともいえる演出です。だからこそ、印象に残るもの、もらって喜ばれる物を選びたいものです。

プチギフトには、かなりいろいろな種類があり、その中から一つを決めるのはなかなか難しいことです。まず、考えたいのは自分が受けとる側だったらどう思うかという点です。平凡すぎるのがつまらないのと同じくらい、あまり個性的すぎるものも考えものです。渡す相手によって違うものを選ぶのでないのなら、個性を出しつつも皆に受け入れられる範囲で探した方が、まちがいがないといえます。そういう意味でも、小さくてかわいらしいお菓子や雑貨が選ばれやすいということです。

そのうえで、どこにポイントを置くかで選ぶものが変わってきます。見た目を華やかにしたいか、可愛らしくしたいか、シックにしたいか、会場やパーティの雰囲気と合わせて考えてもいいし、ゲストの顔ぶれから考えてもよいです。そして、自分がおいしかったと思えるものや、使い勝手が良かったものをお勧めするというのもありだし、二人やゲストの末長い幸せを願う縁起ものから選ぶというのもありです。また、季節によって、桜とか、クリスマスとか、その時々にちなんだアイテムから探すというのも悪くありません。

また、時間に余裕があり、完璧ではなくても腕にそこそこの自信があれば、手作りというのも魅力的です。焼き菓子などは、材料がよくて、レシピをきちんと守れば、思いのほか簡単においしいものが作れたりします。作ろうと決めたのが本番まである程度の期間があるころなら、練習する機会はたくさんあるので、家族や友達に協力して食べてもらって腕を磨いておきましょう。また、無地のミニタオルやチーフなどにワンポイントの刺繍をするというのも、おしゃれ感アップの印象になります。

二人の名前が入ったものなどは、たとえセンスのよいものでも、なんとなく使いづらくなってしまうものです。食べ物なら食べてしまえばよいのですが、もし、品物の場合は、名前はラッピングに入れるなどして、名前の部分は遠慮なく捨ててもらえるようにしましょう。もちろん、優れたロゴやイラストで、長く飾りたいなと思われそうなデザインのラッピングを二人で作って、しおりやインテリアとして残したいという人がいれば、それはそれで素敵です。

プチギフトはあくまで脇役ですが、最後の最後に登場というかなり重要な役回りです。思い悩むほどには考えなくてもいいけれど、感謝を伝えて笑顔を届けられる自分たちらしいものを、心をこめて選ぶという姿勢を忘れないようにしましょう。

64.プチギフト・オリジナルラッピングでおもしろみを。

誕生日プレゼントやバレンタイン、結婚式や二次会などで何かと用意するプチギフト。買ったお店でラッピングしてもらうのもよいですが、簡単にお金をかけなくても手作りする事ができるのです。たとえばチョコレートやキャンディ、金平糖などの小さいものであれば、小瓶に詰めてリボンを掛けるだけでも可愛いです。その他にもチョコレートなどと一緒に手袋やリップクリームなどの小物を入れるのも可愛いです。そこへ手作りのメッセージカードを添えるのも良いですね。和風のものであれば、和柄の紙を折って、水引を結ぶのもおしゃれです。またちょっとした量のキャンディなどなら、カラフルなナプキンでてるてる坊主のように包んでリボンをかけるのも、とてもポップな感じになります。レースペーパーを重ねて、レースの穴に紐を通して袋状にしてラッピングをすることもできます。この方法だとレースペーパーの大きさや選ぶ穴のいちによって袋の大きさを調整する事ができます。またレースペーパーの左右を中央で少し重なるように折り、下の部分を中央に重なるくらいに折る事でレースペーパーの封筒を作る事もできます。100均にも売っているので、お手軽に作る事ができます。おしゃれな柄の紙コップにプチギフトを入れて透明な袋に入れるだけでもおしゃれな雰囲気になります。絵やデザインの得意な人は紙コップにオリジナルのデザインを描いても良いかもしれません。また紙コップの上部に4センチほどの切り込みを8か所入れ、内側に折りこんでいくことで、紙コップのプレゼントボックスが完成します。手作りスイーツのおすそ分けやパーティーの手土産等に役立ちます。はさみがあれば簡単にできるので作ってみて損はないです。
コーヒーフィルターを使っても包む事ができます。コーヒーフィルターはポケット型になっているので、プチギフトを入れて、テープや紐、リボン等で口を閉じるだけで簡単にできます。また手作りのタグを付けたり、スタンプを押したり、ラベルやマスキングテープを貼るなどアレンジのし甲斐があります。また折り紙を手巻き寿司を作る要領でくるくると巻き、重なった部分をホッチキスで止めるだけでアイスクリームのコーンのような形が出来ます。キャンディやチョコレートを入れて、リボンをかけるだけで、お菓子屋さんのようなギフトになります。このように色々な方法でプチギフトを包む事ができます。どの方法も材料は安く、手軽に手に入れて作る事ができるので、お店任せにせず、オリジナリティ溢れたラッピングをしてみてください。

65.季節限定品も利用したい結婚式のプチギフト。

結婚式と披露宴が終了し、招待客が帰る際に会場の出口で新郎新婦から一人一人に渡されるのがプチギフトです。今日一日の結婚式に参加してくれたことのお礼として渡されるものですが、別に渡される引き出物とはまた違った意味を持っているギフトです。商品としては500円から千円程度の予算的にはちょっとしたものでありながらも、非常に重要な役割を持っています。

結婚披露宴では、多くの人に来てもらったのにあわただしいスケジュールの中でなかなかお礼を述べる時間がないものです。招待客が帰る際のお見送りでは、一列に並んでもらってお礼を述べて退場してもらいますが、ここにプチギフトがあるということがポイントです。これがなければ歩きながら会釈程度で行ってしまう人もいるかもしれませんが、渡すという行為でいったんは立ち止まってもらうことができるため、視線を合わせてお礼を述べることができるからです。

プチギフトに利用されているものは、引き出物のように記念に残るようなものとは限りません。二次会までの時間に小腹が減った際に食べてもらえるようなお菓子類であることもあります。中身はちょっとしたものであっても凝ったラッピングがされており、ラッピングだけでも飾りになるようなものもあります。

プチギフトの中身はさまざまなものが選ばれていますが、縁起物にも人気があります。お菓子類が多く利用されていますが、幸福を表すドラジェはヨーロッパでも人気のお菓子です。日本のお菓子でもあるこんぺいとうは、作るために非常に手間がかかることから時間をかけて家庭を築いていくという意味を持っています。

また、縁起物がラッピングや商品の形として利用されているものもあります。招き猫で幸せを招き入れたり、幸福を連想させるふぐ、めでたいにかけた鯛などのアイテムもよく利用されています。

他にも、幸せの橋渡しの意味から箸を利用したり、開くと広がった形から末広がりの幸せと子孫繁栄を願った扇子なども和装の結婚式では人気があります。また、季節限定の商品も人気のアイテムです。ハロウィンやクリスマスなど、結婚式の時期に合わせて、その時期ならではのイベントの商品を選んでみるのもいいでしょう。

引き出物選びでは、両親や親せきのすすめがあったりと自分たちが気に入ったものを選ぶことができないケースもありますが、プチギフトなら自分たちに任せてもらえるということも多いものです。二人らしさを表現できるアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。

66.結婚式のプチギフトとパッケージについて。

最近結婚式で披露宴への招待客をもてなすささやかなギフト製品や、各テーブルへのワンポイント的なギフトパッケージなどに特化対応する業務内容がクローズアップされております。
これらはすべて本来のイベントを盛り上げる為の小物として展開してますが、各用途ごとに様々なアイテムが用意されているのが特長となります。
ひとくちに結婚式をターゲットとしたプチギフトと言っても、目的別に新婦のイメージをアピールする可愛い二次会用のプチギフトとしてウェルカムボードや花束へのちょっとしたアイテムなどが挙げられます。
これらはいろいろな場面を考慮してイメージ作りを目的とした各シーンで使用できると共に、来場いただいたゲストに対して印象に残って且つ喜ばれるプチギフトとしての役割をたくさん兼ね備えているのが特長となっています。
結婚式で展開されるオリジナル色豊かなパッケージを目的別にプチギフトとして展開しており、各種季節限定としての商品や用途に応じたこれからの新生活を意識した門出を見据えたアピールとして、種類豊富で値打ち感の高い商品を提供することが重要となるのです。
その為の各種ラッピングやパッケージなどにもとことんこだわれる内容は、オシャレで可愛いちょっとした小物を飾り付けることによって更にゲストへの感謝の気持ちを伝えることができるのでオススメです。
またイベント商材としてのセールスポイントとしては、ある程度のまとまったアイテムの一括導入などによって特典として用意しているサンクスカードやデコレーション素材、そして対応商材の働きを最大限アピールすることのできる小物の充実にも奇をてらった物をチョイスするのが効果的です。
上記全般に対して言えることで個々の可愛さや商材価格にも差別性を考慮しているので、関係者やゲスト全体に対するメッセージとしても活用することの出来るオススメアイテムとなっているのです。
これらのプチギフトは結婚式のみにとどまらず、各種記念日のツールとして展開することが出来るので誕生日や退職用などのメモリアルイベントにも応用することが出来るのです。
提供範囲としての拡充とこれからのイベントを盛り上げるアイテムとして確立しているのものも多岐に渡るので、これからどのように企画・デコレーションしようか検討している人へのアドバイスも承っているので、安心してカウンセリングを受けることができるのです。
自分たちだけのオリジナル商品を用意することが可能なので、ゲストや規模に応じたプチギフト作りを目指すのが良いと思います。

67.ウエディングの準備におしゃれなプチギフトは如何でしょうか。

結婚式はこんなスタイルにしたいなど、憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。特に女性にとって、結婚式は憧れという人も多いですよね。結婚式の主役は花嫁とも言えますし、自分の思い描いた結婚式をできるだけ実現したいでしょう。理想的な結婚式を実現するには、まず結婚式場選びが大切でしょう。イメージする結婚式がかないそうな結婚式場を選んだら、ウェディングプランナーさんと相談しながら細々とした準備をしていきましょう。
また、自分で準備できるものは用意するようにすると、理想のイメージに近いものが見つかるかもしれません。たとえば、新郎新婦がゲストに手渡すプチギフトはお洒落なものにしたいという場合、自分で探してみるといろいろなものが見つかりますよ。

プチギフトは新郎新婦がお色直しで再入場するときに、各テーブルをまわって1人ずつに渡すという演出も人気です。1人1人に声をかけながら小さなギフトをお渡しして、結婚式に出席していただいたことを感謝します。または、披露宴が終わったあと、出席者が退場するときに新郎新婦がお見送りをしてプチギフトを一人ずつに直接渡す場合もあります。その他には二次会で渡す場合もあります。

いずれにせよ、ちょっとした小さな贈り物なので、相場は300円前後で、高くて500円程度というくらいでしょう。予算が低いのであまり見つからないと思われるかもしれませんが、このくらいの金額でもウェディングらしいお洒落なものが見つかります。
プチギフトというと、定番はドラジェです。ドラジェはアーモンドを砂糖でコーティングしたもので、淡いピンクや水色、白などの優しい色合いのお菓子です。フランス語で幸福の種という意味があり、見た目も可愛らしいお菓子なので、ウェディングのギフトにふさわしいです。また、クッキーやマカロンなどの焼き菓子もウェディングのプチギフトにピッタリです。中身も大切ですが、ラッピングがお洒落だと、すごく素敵に見えますので、手渡す新郎新婦も自信を持って出席してくれた皆さんに手渡すことができるでしょう。

また、お菓子以外で選ぶならジャムや紅茶、バスソルトやソープなどもよいでしょう。食品や雑貨で誰もが喜んでくれるようなものを選んではいかがでしょうか。ウェディングのプチギフトは1つ1つの価格は安いので、記念に残るようなものよりも食べるものやちょっとした雑貨などを選ぶ場合が多いでしょう。価格は安くてもセンスが光るものを選んでゲストに喜んでもらいましょう。

68.パーティ内容によっておすすめプチギフトを選ぶ。

大勢の人が集まる機会は、正式な場所が多かったり受付が必要になったりします。大勢の人が集まれる場所となれば、相応の間口がある受付になりますので、できれば華やかな飾りつけが必要です。よく、結婚式や披露宴の二次会会場などの受付にある可愛らしいウェルカムボードは、招待客を出迎えるアイテムとして非常に役に立ちます。

ウェルカムボードが人気のアイテムとされているのは、プチギフトとして使われることでパーティや二次会がお開きになった後は、片付ける必要がないことです。招待客に心ばかりのお礼として、持ち帰っていただけるものがギフトとして使われています。ウェルカムボードは結婚式や披露宴の二次会用に使われることが多いですが、プチギフトは形よく積み上げられてウェディングケーキになっています。

ボードは積み上げられたウェディングケーキ上の頂部にあり、パーティが終了した後は、記念として取っておけますので主催者としても思い出の品になります。ウェディングケーキ状が人気ですが、パーティの内容によってはドーム型にデコレートされているものや、フレーム型になっているものもあり、主催者側の予算とパーティの内容によって雰囲気にあわせたものを選びましょう。

パーティの内容によってプチギフトの内容を変えられます。例えば、年配の方が多い集まりであればギフトの内容を、あられやおせんべい、のど飴にすると喜ばれます。反対に、若い人が中心であればクッキーやチョコレート、ミニマカロンやパイなどがよいでしょう。心遣いですからそれほど手の込んだものを用意する必要はありませんが、もらって嬉しいものをチョイスする方がよいです。

季節によって左右されてしまうものは避けた方がよいですから、夏場のチョコレートは厳禁です。おすすめのギフトは年齢層だけでなく、招待客がアレルギーを持っているかどうかやパーティの内容によって選択しましょう。ドリンクがメインのパーティで、プチギフトまでドリンク系のものでは重なってしまい、あまり良いセンスとはいえません。

健康志向が強くなっている昨今、おすすめのプチギフトにウコンや入浴剤も用意されています。ちょっと目先が変わったものですから、パーティを盛り上げる意味でもこのようなギフトを選択するのもよいでしょう。ギフト専門業者も、プチギフトに使用できるミニサイズのものをたくさん取り揃えていますから、商品のラインアップやおすすめの新着情報をチェックしましょう。

69.おすすめプチギフトは相手が喜び記念になるものを。

季節を問わず、少人数でも大人数でも集まる機会がありますが、ちょっとしたイベントがあると場も盛り上がりますし楽しい思い出になります。
特に女性が多く集まる場合、プチギフトのひとつでも用意しておけば今後のお付き合いもスムーズにいくかもしれません。
女性ならではの、喜ばれるアイテムもたくさんありますから、プチギフトのような気軽なプレゼントはもらった方も用意をする方も楽しくなります。
おすすめのアイテムはたくさんありますが、それは女性向けとなれば美容やリラックスアイテムがよいでしょう。
直接、肌に触るものでも化粧品のようなものは好みがありますし、何よりも肌に合わなかった時のことを考えてしまいますから、コスメ系は避けておいた方が無難です。

むしろ、女性なら誰にも使えるような、年齢を問わないものを用意しましょう。
おすすめのひとつは、アロマバスです。
ソルトタイプなら保温や保湿だけでなく、肌のキメを整えたりひきしめる効果が見込めますから、普段はあまりバスソルトを使わない人でも、せっかくもらったものだからと使ってくれるかもしれません。
また、バスソルトはフットバス用にも使えますから、冬の寒い日に血行を良くするために使ってもらったり、夏の冷房で冷えた足がむくでしまうような時に使ってもらえます。

特に何かの記念にならなくても、もらった人に喜んで使ってもらえるようなプチギフトであればよいのです。
あまり気を遣わず、もらった人にも気軽に使ってもらえるものを選ぶのがおすすめです。
バスアイテムとしては、フィズやソープがキャンディーのようにラッピングされているものもあります。
このようなタイプのプチギフトは、特別なラッピングをする必要もありませんから、ギフトを購入したらそのまま個別に差し上げるだけでよいので、手間も省けます。

可愛いラッピングをしてあるものなら、集合場所の受付や出入口に飾ってあるだけで目を引き、華やかな雰囲気になりますからインテリア代わりとしても利用できます。
入浴剤がプチギフトとしてのメインですが、飾りに大きなコサージュがついているものや、ソープの形がスヌーピーなどの人気キャラクターが模られていれば、見た目も楽しいです。
プチギフトは何かと選ぶ人のセンスが問われるものですが、予算をあまりかけずに記念として差し上げるにはちょうどよいものを選ぶのがコツです。
和風のラッピングやカジュアルタイプまで幅広い種類があるギフト業者を選んでおくと、注文する時に迷わなくて済みます。

70.海外ウエディングならではのセンスのいいプチギフト。

海外ウェディングならでは感を発揮出来るアイテムとして人気なのはプチギフトです。小さくて可愛い贈り物を二人のセンスで形にするというのは基本です。しかし、プチギフトと言っても悩みがちですがコツをつかめば簡単に選ぶことができます。

海外ウェディングでしかできないこととして、現地調達という方法があります。もし、挙式前のスケジュールに余裕があるのであれば海外にしかない雑貨店やギフトショップなどを二人で見てください。なんといっても海外には日本にはない独特の可愛いものがたくさんあるので、パッケージにこだわったお菓子やお茶、カラフルで可愛い文房具や雑貨など、自分たちにも欲しいほどの商品をウェディングのプチギフトに選ぶとゲストたちに喜ばれて二人にとっても記憶に残る思い出ができます。
また、現地で購入しようと考えるのであれば、挙式までの限られた時間を効率よく探す必要があるので、事前にスケジュールを設定することが重要です。ガイドブックやインターネットなどで可愛いものがたくさん売っているショップの目星をつけておいて、まわる順序まで考えておくと安心です。なので、目星をつけるショップは大体三ヶ所くらいにしぼっておきます。現地に到着してからも何かとバタバタしてしまうのが当然ですので、日程に余裕がない時は無理をしないようにしてください。
現地で購入する時間がない場合は、無理やり手配しようとせずに手配会社へ準備ができないかどうかを一度相談してみてください。もし、購入ができないのであれば、例えば会場の装花をミニブーケにして贈るという方法もあるので、ギフトだけが全てではないという広い視野を持ってゲストを楽しませるようにしてください。基本的に日本からの持ち込みは荷物の負担になってしまうので避けるのが無難です。しかしどうしても渡したいようなものがあるのであれば、帰国後に手土産として贈ることが正解です。

このように、せっかく海外という非日常の世界にいる時は、自分たちの世界も一変して幸福感に包まれますので、その気分のままゲストたちへの贈り物を選ぶと相手にも幸せな気持ちが伝わりますので、まずは事前のチェックと現地に到着した時にスケジュールがずれてしまうようであれば、冷静に対処できるような心の余裕を持つようにしてください。
焦って何もかもが中途半端にならないよう、二人で話し合って、どのような場合でも笑顔で乗り切れるようにしておく必要があります。