プチギフトの激安販売なら、結婚式プチギフト等を豊富に取り揃えるベリーピュアへ

プチギフトの激安販売なら、大人気の結婚式プチギフト等を豊富に取り揃えるベリーピュアへ

プチギフト・二次会ギフトのベリーピュア

2%ポイント還元
Yahoo!ブックマークに登録
プチギフト「ベリーピュア」HOME»  8.コラム(8ページ目)

8.コラム(8ページ目)

71.ウエディングのプチギフトは感謝の気持ちと幸せのおすそ分け。

ウェディングのシーンでプチギフトを贈るというのは、昔からあることではないので、特にルールもしきたりもありません。自由に自分たちらしく、そして、ゲストに喜んでもらえるものを選べばいいわけです。ただし、あくまでプチギフトなので、かさばらない小さめなものを選びましょう。

では、実際にはどのようなものがプチギフトに選ばれているのでしょうか。一つは、伝えたい幸せの思いが込められているものです。人気は、ヨーロッパの慶事に配られるというドラジェと呼ばれる糖衣菓子で、幸福や子孫繁栄などの意味があります。フルーツやナッツを加えたクッキーやケーキ、あるいはジャムなどは、収穫や繁栄、豊潤などを意味しています。また、紅茶には「幸茶」の思いが込められているといいます。幸せをすくい取るスプーンや、幸せを橋渡しする箸なども好評です。

ただ単に、自分たちが食べておいしかったもの、好きなものから選ぶのも素敵です。おいしいと自信のあるもので、笑顔になってもらえるなら、幸せのおすそ分け感は高くなります。キャンディやチョコレート、マシュマロから、せんべい、梅干しなどまで、ウェディングギフトらしくしてあれば、なんでもいいということです。他には、実用品としてタオルや耳かき、入浴剤などが選ばれています。あまり世話のかからないミニ観葉植物なども好まれます。

また、せっかくの二人のウェディングなので、二人のオリジナルのものを準備するというのもあります。手作りのケーキやクッキーというのもいいですし、キャンドルや石鹸なども自分たちでつくることができます。市販のものでも、絵が得意なら絵を描くとか、刺繍が得意ならゲストのイニシャルを刺繍するとか、ちょっと手を加えるだけでも、立派な手作り品になります。作るのも、可愛らしくラッピングするのも、大変手間暇のかかることですが、二人なら、苦労もまた素敵な時間になるはずです。

言葉を交わせない場合も考えて、できればお礼の言葉や、二人のこれからの決意などのメッセージは添えたいところです。手書きなら、さらに丁寧な印象になります。けれども、無理せず、楽しみながらできる範囲で準備するように考えてください。

72.ウエディングパーティーでオリジナルプチギフトを用意してみては。

結婚式のあとに披露宴を行う人は多いでしょう。来ていただいた方に喜んでもらいたいという気持ちがありますので、良い結婚式にしたいと思います。たくさん決めることは多いのですが、参列していただいた方にお渡しする引き出物やプチギフトは素敵で印象に残るものを選びたいものです。

最近ではウェディングパーティーが終わった後のお見送りの時に新郎新婦からプチギフトを贈るのが定番となっています。参列していただいた方に感謝の気持ちと、最後まで楽しんでいただきたいという思いがありますので人とは違ったものを選べるお店が人気です。
ウェディングプチギフトの人気はクッキーやチョコレートなどの洋菓子です。好き嫌いもないですし、気軽に食べることができるので贈られた側もうれしいものです。パッケージがオシャレなものもたくさんでていますので、自分たちのウェディングパーティーの雰囲気に合わせた色やデザインを選ぶと素敵です。女性のお色直し後のカラードレスのデザインに合わせたりする人もいます。

また自分たちの写真やメッセージを入れることができるオリジナルプチギフトも人気です。誰もが知っている市販菓子メーカーで自分たちのオリジナルデザインを作ることができるのです。人と同じはいやだという人にとても人気です。食べるのがもったいないくらいのクオリティーの高さですが、気にせず食べてねといった会話でも盛り上がります。

食べ物以外ではタオルなどもあります。かわいいパッケージやぬいぐるみのようになっていて一見タオルには見えないものが広げるとタオルになるというものもあります。タオルは実用的なので誰にでも贈ることができます。昔から水につけると大きくなるタオルというものがありますが、最近ではたくさんのデザインがありますので注目が集まっています。

プチギフトは最後にお渡しすることになりますので、人数分をディスプレイしてウェルカムボードのかわりに使うことができる商品もあります。最初は可愛いウェルカムボードのかわりで最後にプレゼントに変身するというサプライズ感もあってとても楽しいです。限られた予算内で選ばないといけないですが、たくさんの商品がありますので来てくださった人に喜んでもらえるようなものを選ぶことをおすすめします。やはり式の最後までが思い出になりますので心をこめて選ぶことが大切です。心をこめて選んだものは相手にも伝わりますので楽しんで選ぶと良いです。

73.ウエディング会場ではディズニーのプチギフトも人気です。

プチギフトを選択する際に明確な答えはありませんが、無難と位置づけられているものはあります。ディズニーに関連したプチギフトを選び、ウエディング会場で参加者に渡すことです。ウエディング会場に足を運ぶ人々は老若男女問わずさまざまであることは想像に難くないので、どの世代にも受け入れられやすいものをセレクトすることが望ましいです。この概念を実際に適用するのであれば、ディズニーと関係が深い一品を選択することが効果的であると言えます。

大人にとっては、過去の楽しい思い出に浸ることが可能になるウエディングのプチギフトになり得ます。全国的によく知られている遊園地であれば、大人の何割かは遊ぶことを目的に訪れた経験があると言っても間違いではありません。修学旅行などのイベントでは、しばしば目的地の一つとして設定されているからです。その場所にまつわるものをプレゼントされた大人は、かつての思い出に浸ることができる可能性が高まるというわけです。

子どもであれば、ウエディング会場でプチギフトが手渡されることによって非日常的な世界観を堪能することが可能になります。経済的にも自立しておらず保護者の許可がなければ大規模な遊園地に行くことが叶わないので、子どもは手渡された品に思い入れを持ちます。その品は知名度が高い遊園地との関連性が高い場合には、擬似的に遊びに行ったことを想起することもできるようになります。そのため、子どもにも満足してもらいやすい種類の品であると考えられます。

年配のウエディング参加者なら、帰宅してから孫や知人の子どもにプレゼントすることができるプチギフトとして受け入れられやすいです。さまざまな冠婚葬祭の場に訪れた経験を持つ年配の人々にとって、式場で渡される品は関心をもつ対象ではないことが多くあります。過去にいろいろな種類の品を受け取った経験があるので、個性的なものでも感動が薄くなりがちです。そのため、孫や知人の子どもなど若年者に譲渡することができるものを渡されたほうが、好意的な感情を芽生えさせやすいと言えます。

ディズニーのイラストがプリントされたり刻印されているプチギフトは、安く販売されていることは少ない傾向にあります。多彩な権利が複雑に絡み合っており、それが販売価格に反映されているからです。ウエディングの準備品として採用するには高価であると考えることが一般的ですが、手渡された参加者の心証が良くなる効果が期待できます。

74.おもしろアイテムも話題になるブライダルプチギフト。

結婚披露宴が終了して招待客が退場する際に、出口で新郎新婦から手渡されるのがブライダルプチギフトです。引き出物に比べて価格も手ごろなものであり、ちょっとしたものでありながらも手渡すときに一人一人にその日のお礼を述べることができるために重要な役割を果たしているアイテムです。
引き出物は両家の親からの要望があったりと結婚は両家の結びつきでもあることから自分たちの希望通りにはいかないということもありますが、ブライダルプチギフトは二人に任せてもらうことも多いため自分たちの個性を生かしたアイテムを選ぶ楽しみがあります。

洋装の結婚披露宴では、ドレスに合わせて洋風なアイテムが利用されることも多いものです。ドラジェは昔からの定番ではありますが、子宝に恵まれるとの意味もあることから縁起物でもあります。他にも縁起物としてクッキーもあり、ナッツやドライフルーツなどが入ったものは収穫をして繁栄をするという意味があります。また、披露宴が終わった後の二次会までは時間が空いてしまうということも多いものですが、そんな小腹が減った時にも重宝するアイテムです。この他にも、クッキーと同じく果物の収穫と繁栄を表すジャムであったり、幸せをすくう意味を持つスプーン、幸福のお茶とかけた紅茶なども利用されています。

和装の結婚披露宴であれば、これらのアイテムは着物スタイルには合わないものであり、和風のブライダルプチギフトが用いられることも多いものです。年齢問わずあれば重宝するハンカチタオルは圧縮されたおもしろアイテムも豊富にあり、コンパクトに小さくなりながらも水に入れるだけでもとのタオルハンカチに戻ります。和装では、めでたいという言葉にかけて、たいやきの形に圧縮されたものもあります。他にも、幸せの橋渡しの意味を持つ箸、裾広がりの意味を持つ扇子、作る工程で手間がかかる金平糖は時間をかけて家庭を築くといった意味合いを持っています。

ブライダルプチギフトは、200円程度の商品から高くても1000円もしないアイテムが利用されることが一般的です。手渡された時に何だろうと興味を持ってもらえるようなおもしろいアイテムも活躍する場であり、後に結婚式の思い出話にもつながります。近年ではたくさんのアイデアあふれるプチギフトが販売されており、オリジナル性を出すにはぴったりのアイテムです。豊富な種類から一生に一度の記念にもなるアイテムを探してみてはいかがでしょうか。

75.ブライダルにも喜ばれる手作りのプチギフト。

結婚式ともなると、とてもおめでたい席ですから招く側としても華やかで楽しめるようにいろんなことを考えながら準備をしていくものです。自分たちでブライダル用に何かプチギフトを準備したいという時には事前に計画を立てて間に合うようにしましょう。特に手作りであれば時間がかかる事も多いので、計画を立てないと慌てて結局市販のものになってしまうという事もよくあるからです。プチギフトを準備する時には人数の確認をする所から始めましょう。簡単なものでも数がたくさんになるとやはりそれだけ材料の用意はもちろんですが、製作する時でも時間がかかってしまいます。

ブライダルですから、一目見て可愛いらしく見えるものがいいでしょう。作りやすいのは石鹸やキャンドル、バスボムです。レシピなどを見ながら来てくれる人たちに感謝の思いを込めながら製作していきましょう。編み物が得意ならちょっとしたたわしやコースターなどもいいでしょう。会場に置いて楽しめるものなら、チョコレートやクッキー、キャンディーなども作りやすいのでおすすめのギフトとなります。

もちろん時間がないのに無理をして手作りをする必要もありません。そういう時には気軽に使えるプチギフトを探してみましょう。ブライダル用でいろんな物を探す事ができます。使いやすいハンドタオルやミニタオルに当日の日付や名前を入れたりする事もできますし、記念のマッチなども面白いでしょう。ガムやタブレットに名入れをしたりする事もできますので、とても目を引くギフトになります。

食品系だと、ハチミツやジャムのラベルに印刷をしてもらったりするのも簡単でいて華やかなギフトとして用意が出来ます。色味もとても鮮やかで綺麗ですから、来てくれた人にも興味を持って見てもらうことができるでしょう。小さなものであっても記念として持って帰ってもらいたいですから市販のものから選ぶ時には、プチギフトですから価格としてもなるべく安価なもので、それでいて種類が豊富なショップを探す事をおすすめします。

また、ブライダルなどで使おうと思うと、早めに準備しておかないと希望のものがない場合もあります。結婚式が決まったら、気になる商品だけ探しておいて、問い合わせをしておくのもおすすめです。名入れなどをする際にもどれだけの時間がかかるのか、特急対応など素早い納品をしてくれるかどうかなども確認しておけば、安心して準備をしていく事ができるでしょう。

76.結婚式で使いたくなるプチギフトランキング。

結婚式の準備は大変ですが、それでも幸せを感じられる新郎新婦で一緒に頑張れる作業として楽しみながら頑張っている人も多いのではないでしょうか。引き出物などを検討している中で、来てくれたゲストの方々にはそれらとは別にプチギフトも準備して渡すことも増えてきています。

これは、引き出物だとそれぞれ各個人に内容が違ったりしているのですが、プチギフトの場合は来てくださった方々に感謝の気持ちを込めてちょっとしたお菓子や小さな雑貨を新郎新婦が直接渡していくというものです。以前は引き出物も手渡ししていたのですが、近年は机の下などにおいておくことが多くなったので、少しでも話ができる機会を作ろうということで出てきた演出と思っても差し支えありません。式や披露宴を見ているだけで終わってしまうより、小さな可愛いギフトのやり取りでちょっとした会話ができるだけで随分と式の印象も変わってくるものです。

結婚式の演出としても人気が出ているのですが、実際に用意しようとなるとこれもギフトの一つとして相当な数の種類があります。一番良く使われるのはクッキーやパイ、ラスクなど定番系の洋菓子ですが、他にも小さなミニ植物や生活雑貨、紅茶やコーヒーなど本当にたくさんありますので、どれをプチギフトにしようかと思ってしまうのではないでしょうか。

どれも魅力的で迷ってしまうという時には、やはりランキングは参考になります。ショップなどでも週間や月間、その日一日などいろんなランキングを用意してくれています。いつも順位が同じという訳ではなく、結婚式が行われる時期でも人気は変わってきます。6月頃なら新緑を感じさせるものが多いですし、9~10月頃なら秋らしいものやハロウィンなどイベントに合わせたプチギフトなども増えてきますから、季節性を感じられるものなども使われやすくなります。洋風の式であれば洋菓子やばらの花などが良く使われますし、和風の式であればお米や和菓子、せんべいやあられなどと言った式の雰囲気に合わせた物を選ぶ傾向も多くなっています。

プチギフトなので、それほど価格が高くないのも準備する側としては嬉しいポイントです。結婚式のお出迎えやお見送りの時にゲストに渡して、感謝をしっかりと伝えられるようにしたいものです。それをサポートしてくれるアイテムとして、いろんな可愛いギフトがありますから、二人で話し合って場を盛り上げてくれる物を探してみましょう。

77.結婚式の挨拶の定番のプチギフトを贈る。

結婚式の挨拶ではもはや定番となっているプチギフトですが、お見送りやテーブルに置くことはもちろん、たくさんの使い道があります。最近では、様々なギフトが売られていて、何にすればいいのかわからないという人も多くいます。しけし、それでもゲストに楽しんでもらおうという気持ちがあれば、必ずしておいたほうがいいです。

プチギフトとは引き出物とは別に贈るプレゼントのことです。
結婚式でのお色直しの入場時や披露宴、二次会後にお見送りをかねて一人一人に手渡しで贈ることが多いです。最近では、ウェルカムアイテムの一つとして取り入れることも多くウェルカムボードの前にプチギフトを数種類並べて好きなものを取っていただくというスタイルも人気があります。
結婚式の始まりからお見送りまでどの場面でも使える「おもてなしのアイテム」がプチギフトです。そして、一般的なものはちょっとした食べ物です。例えば、ドラジェやコンフェッティなどは、ヨーロッパで古くからお祝いのお菓子として使われています。
しかし最近のこだわり婚やおもてなし婚をしている人の中にはドラジェやコンフェッティ以外を選ぶカップルも増えています。一個の値段の相場は二百円から四百円です。中には千円を超えるギフトを贈るカップルもいますが、あまり相場にとらわれず、おもてなしの心を込めて自分達らしいセンスや予算に合わせて選ぶことがとても大切です。

お菓子以外の人気商品は、お米になります。
その理由は、お米は古来より様々な儀式に使われる大変縁起の良いものです。必ず必要となる日常品なので多くのゲストの皆さんから大変喜ばれます。また、お米ギフトは全て手作りで一つ一つ気持ちが込められていますし、和婚にもぴったりの和紙調のデザインが多いので、高級感や格式があります。
入っている袋もちょっとしたお菓子が入っているみたいに見えるので、お米とは想像のつかない可愛らしいものです。なので、人とは違う少し変わったものを贈りたいというカップルにおすすめです。

式にやってきてくれたゲスト全員の心に残るようなものにしたいと誰しもが思うことです。カップルそれぞれにセンスがあり、思いがあるので、きちんとカップルで話し合って、お互いが納得できるようなギフトを選ぶことが、渡されたゲスト達への思いやりとなります。二人が納得して選んだ品物であれば、皆さんへその気持ちは必ず伝わり、かけがえのない式の思い出となりますので、慎重に選んでください。

78.結婚式や引っ越しの挨拶にも人気のプチギフト。

プチギフトは、結婚式やイベントだけではなく、引っ越しなどにもご使用出来るギフトです。
大変多くお世話になった方から少し挨拶だけで済ませようかなと思われる方まで、気がねなく
ちょっとした挨拶にお贈りでき、非常にちょうほうされています。
また、新しい引っ越し先のご近所の方から、お勤め先、これからお世話になられる方に
お贈りしては如何でしょうか。
コスト的にも抑えられ、数多くの方々にお渡しでき現在では、とても重宝がられています。
どのようなものが人気かというと、たはり食品関係のクッキーや飴・チョコレートが人気
商品です。
やはりもらわれた方が無難に喜ばれます。

79.ブライダルのプチギフトは縁起物がおすすめです。

ブライダルでのプチギフトは、披露宴が終了した時に会場の出口で新郎新婦から参列者の一人一人に挨拶を述べる場として役立つアイテムです。結婚式や披露宴ではたくさんの招待客の全員に挨拶をするという時間はほとんどないものですが、プチギフトがあることで手渡すためにちょっとでも立ち止まって顔を合わせてもらえ、一言でも話すチャンスがあるのでただのお見送りとは違ってきます。

プチギフトは、引き出物ももちろん準備した上で渡すものであり、引き出物のように記念になるような商品が選ばれるとは限りません。中身もお菓子や雑貨などちょっとしたものであり、予算的にも200円程度から1000円もしないような商品が選ばれています。安いこともあってクッキーが何枚かしか入っていないということもありますが、ラッピングはブライダルらしい華やかでかわいらしく作られているので見劣りをすることがありません。

中身にはさまざまな商品が選ばれていますが、おすすめなのが縁起物です。結婚式というおめでたい場でもあるため、分かれるや切れる、離れるや壊れるなどの意味合いのあるものは引き出物と同様に絶対に避けなければなりません。

プチギフトでも食べ物類でよく選ばれているものにドラジェがあります。ヨーロッパのお菓子として有名なドラジェですが、アーモンドをチョコレートで包み、その周りにはキャンディコーティングをしてあるので夏場の結婚式でもチョコレートが入っていても溶ける心配がありません。幸せや子宝に恵まれるという意味があるお菓子であり、ヨーロッパだけでなく日本でも人気のあるアイテムです。これに紅茶をセットにされることもあり、紅茶は幸せのお茶としておすすめのアイテムです。

他にも、河豚を福と見立てたり、招き猫で幸せを招き入れる、めでたいにかけた鯛などの材料を使用したものや、これらのイラストが入ったアイテムもお祝いの気持ちを表すのにぴったりです。

もしもお見送りが和装で行うのであれば、渡すプチギフトにも和の要素が詰まったものを使用したいものです。箸なら幸せの橋渡しという意味を持っており、また扇子であれば扇状に広がっているので末広がりで子供や孫など子孫繁栄を願った縁起ものです。菓子類にしたい場合には、日本のお菓子でもある金平糖がおすすめです。金平糖は砂糖から作るのに非常に時間のかかるお菓子であることから夫婦が時間をかけて家庭を築くという意味を持っています。

80.ブライダルの挨拶の際にはプチギフトを添えて。

ブライダルのお祝いの場にはいろんなギフトを用意しますが、お出迎えやお見送りなどの挨拶の時にもちょっとしたプチギフトを渡すことが多くなってきました。以前は引き出物を一人一人に渡しながらお話をしていた時間もありましたが、最近の結婚式では引き出物は机の下などに既に準備してある事も多いですし、何かちょっとした事を話そうと思っても式の進行だけで手一杯になってしまうことも少なくありません。それもあってか、ブライダルではプチギフトを準備してゲストにお渡しするということがかなり増えてきています。いまや殆どのカップルが用意をして配っていますので、いろんな品物探しを二人で楽しみながら準備してみて下さい。

用意するプチギフトには、ちょっとしたメッセージカードなども一緒につけていたりすることもあります。新郎新婦の写真や、有難うございますというような言葉が入れられたりするので、こうしたカードなどのサービスもあれば利用してみましょう。簡単なものですから、住所や氏名なども記載しておいて自分たちで用意しておくのもおすすめです。ブライダルの挨拶用の文章や言葉を書くのは難しい、照れくさいと思うかもしれませんが、これも記念の一つとして工夫してみて下さい。

お世話になった方々へのお礼や感謝のプレゼントなどには小さなギフトがあればさらに会話も弾みます。クッキーやバウムクーヘンなどの焼き菓子類やせんべいやあられ、金平糖に飴なども良く使われます。また、入浴剤やバスボム、ソープ類なども多く使われるので、縁起物なども探しながら選んでみて下さい。

準備も忙しいブライダルですが、引き出物などと同じようにプチギフトにも気合を入れているカップルは多いです。手渡しする事が多いので、その分印象にも残りやすいものになります。たくさんの品物の中から自分たちらしく、それでいてギフトを渡したゲストに笑顔になってもらえるようにと思いながら選んでいる事でしょう。値段自体は他のものに比べれば安価な場合が多いのですが、それでもオリジナルの部分を出せるところはたくさんあります。カードなども添えたりするのもその一例です。

新郎新婦や家族、親類、そしてその他にも来てくれたゲストたちが満足して過ごして帰ってくれるように、心を込めてプチギフトを選んで、しっかりと挨拶をしていきましょう。きっとその姿を見て、たくさんの人たちが二人を祝福してくれるのではないでしょうか。